IKEA ネットカーテン「LILL」付け替えました

IKEAの人気商品、
LILL」というカーテンを聞いたことがありますか?

このようなふわーっとした雰囲気のカーテンです。

チュール素材ならではの透け感。

このカーテンの取り付け方を、
以前運用していたアメブロに掲載していました。

(昨年の投稿にもかかわらず、現在も一番人気のある内容です)

丈が短かった点が気になっていたので、
先日付け替えました。

せっかくなので、
改めて(なるべく)分かりやすく
このカーテンの付け方を書こうと思います。

注:色々と素人なので、
もっと良い付け方をしている方もいらっしゃるかと。
何か参考になれば幸いです。

窓の大きさ→横230×縦100cm

以前は、
窓枠に合わせて短めに取り付けました。

今回は、長く付け替えることにしたので、
以前やった、
1枚のカーテンを半分に切って
1枚を2枚に増やすことはしていません。

用意するもの

  • LILLカーテン×3
    ※横230cmの窓に対してです。
    くしゅくしゅにしたい方は
    適宜増やしてみてください。
  • ミシン
  • はさみ
  • 定規(30cm以上)
  • メジャー
    (窓枠はかったり、定規では足りない時に)
  • ボールペン
  • 雑誌3冊ほど(重しに)

いきなりミシンか…
と思われた方多数いらっしゃると思います。

すみません。

長い布同士を縫いつけるのには、
ミシンが一番早く、綺麗に仕上がります。

裁縫用のノリでつけるのもありかも…

【2個セット】

裁ほう上手 スティック

今回も、6枚重ねでつけます。

↑4枚重ね

十分な感じがしますが、
実物をみると結構スケスケです。
ただ、
たくさんドレープをつくれば、
4枚ぐらいでも透けないとは思います。

手順

①カーテンを切る

袋からカーテンを取り出す時に、
広げ切らないことがポイントです。

完全に広げてしまうと、
畳むのが大変なので…

このようにカーテンを
縦に束ねましょう。

そして、適当な場所に
重しとして
雑誌を3冊ほど置きます。

切りたい長さを計算して、
ボールペンでサッと線を引き、
はさみで切る。

チュール素材は、
束ねると綺麗に切れます。

広げた時に、
長さがそろわない箇所もでてきますが、
重ねるのであまり気にならないです。

取り付け後に、微調整しますので
この時はあまり気にしなくて大丈夫です。

②カーテンを縫い合わせる

白いライン同士、
2枚を縫いつけます。

ミシンでガシガシ。

手縫いでは気が遠くなりそうです…

※片方1枚のカーテンの、
ライン上側は切りました。
下記、写真参照。
わっかになる部分をカット。

LILL3セットで、
2枚重ねを3組作ります。

※IKEAで売っている
カーテンクリップで挟むには、
3組が限度でした。

あと、
もともと商品のカーテン幅が
2枚異なるようで、
下記の写真のように、
端切れが発生します。

見栄えが悪いので、
カットしましょう。

③カーテンレールに取り付ける

②で縫い合わせたカーテンを
まとめてとりつけます。

まずは、両端からつける。

その後、カーテンの真ん中を、
中間のクリップにつける。

この繰り返し。

●〇〇〇〇〇●〇〇〇〇〇●

●〇〇●〇〇●〇〇●〇〇●

↑こんなイメージ。
●がクリップで挟んだ箇所です。
偏りなく、つけることができます。
(伝わるかな…)

最後、
丈の長さを整えたりして、終了♫

作業時間は2時間ほどでした。

労力はかかりますが、
大満足です!!!!


最後までお読み頂きありがとうございました。

RUMI

sponser